【レッスンレポート】1moreオンラインレッスンのご紹介

運動不足解消に最適なオンラインレッスン

1月7日に二回目の緊急事態宣言が発令されました。在宅の時間が長くなるほど、増えていくのは「運動不足が原因の不調」です。

運動をしたい。でもジムやスタジオには通えない。家でYouTubeやDVDで運動しても続かない。それでもどうにか運動はしたい。そういう方には、トレーナーとオンラインで繋がりながらトレーニングするのは、いかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、1moreが昨年4月より開始したオンラインレッスンについて。コロナ禍の毎日、そろそろ何か手を打たないと体が悲鳴をあげそうという方へ、解決策の一つになればと思います。

オンラインレッスンレポートNo.1 《K様のレッスン風景》

在宅勤務を機に、ジム通いからオンラインレッスンにシフト!

コロナ禍でほぼ在宅勤務の生活に変わったKさん。以前は仕事帰りに表参道に立ち寄り、ジムでパーソナルトレーニングというリズムでしたが、現在はオンラインでのパーソナルレッスンにシフトして続けています。

オンラインレッスンを始めて早10ヶ月目。Kさん曰く、オンラインレッスンがありがたいのは、仕事が終わってからすぐに運動に入れること。ウェアに着替えて、マットを敷いて、ZOOMから入室すればすぐにトレーナーと対面できるから、仕事からトレーニングへのシフトが素早く行えるというのがメリットのようです。

デスクワーク生活に合わせたトレーニングメニュー

デスクワークの毎日なので、固まった体を解すために全身体操(ダイナミックストレッチ)からスタート。十分に温めてから、座位で圧迫されがちな背中、ヒップ、モモ裏といった背面の筋肉を中心に、自体重、タオル、椅子や購入したチューブやダンベルを使って、全身万遍なくトレーニング。


(↑〔画像:ヒップエクステンション〕座位で圧迫された臀部の柔軟回復とヒップアップを兼ねて)

マンツーマンなので、自分の体力ペースに合わせて行ってくれるのが良いですね!
DVDエクササイズにありがちな、動画の動きについていけず、何度も巻き戻し再生…という面倒はありません。

あえて、ちょっとキツい運動を加えています

疲労困憊までトレーニングする必要はないけれど、楽すぎる運動だけでは体の進化はおろか、疲労回復にも不十分です。だからレッスンの随所に、キツく感じたところから数回頑張ってもらうエクササイズを入れています。

その時はキツいかもしれないけど、成長ホルモン分泌を促す強度のトレーニングは、その後の疲労回復レベルが格段にアップします。楽なだけでは気持ち良くもなんとも無い。頑張った汗は気持ちイイ!
(「キツく感じてから、もう1回!」の積み重ねが、健康と美容の鍵です)

レッスン体験者の声

「自宅で一人で運動をやるのはハードルが高いので、オンラインレッスンがとても役立っています。週に1回の運動時間は必ず確保したいので、レッスンの日は仕事を早く終わらせたり、用事を入れないようにスケジュールを立てています。」とKさん。

ZOOMを使ったレッスンなので、レッスンへの入室がとっても素早く簡単なのも、続けやすい理由の一つかもしれません。

コロナ禍が終息し、またジムでパーソナルトレーニングが受けられる日までオンラインでレッスンを続けていきたいとおっしゃってくれています。こちらこそ!運動機会が無くならないように、サポートを続けてまいります。


Kさんも私も、お互いニャンコを飼っているので(私は犬と猫)、時折り画面に登場するニャンコの動きに癒されることもしばしば。

撮影・インタビューのご協力ありがとうございました!

1more 佐藤 淳

1moreについてはこちら
1moreオンラインレッスンの案内はこちら